きららみらい薬局 - 株式会社J.みらいメディカル

教育

大学からのインターンシップ、高校生や中学生社会見学実習を受け入れ、指導を行う

薬局に対して患者様が求めるもの、それは薬物治療についての頼もしい専門家であることです。そのような社会に貢献出来る医療人を育成するために必要な教育プログラムの作成と管理を行っています。

薬剤師は免許を取ってゴールではありません。新入社員にとっては最初の第一歩がこれからの薬剤師人生を大きく変えていきます。事務職員も同じです。

教育委員会では新入社員向けの研修テキストを独自に作成し、社会人として、また専門家としての第一歩をしっかり踏み出してもらうお手伝いしています。また、新入社員だけでなく、管理者までの教育プログラム作りも行っています。

その他、次世代の薬剤師を育成するために、大学からのインターンシップや早期体験実習、高校生や中学生の体験実習のプログラムを作成して指導を行っています。長期薬局実務実習においては、6名の実務実習指導薬剤師のもと、薬学部5年生の実習指導にあたっています。

インターンシッププログラムの一例

講義

  • 薬剤師の役割と責任
  • 医療保険制度の仕組み
  • 地域における薬局の役割(学校薬剤師・在宅訪問など)
  • 薬局内業務全般について

実践

  • 受付業務
  • 調剤
  • ロールプレイ(投薬・疑義照会)
  • 薬歴記入
  • OTC販売 など